バックナンバー Vol.1 「人間が考えてあげなければ…」
人間が考えてあげなければ…

犬も猫も人間の忠実な友達です。
しかし、動物達にとって人間は忠実な友達と言えるのでしょうか?
自分は動物を愛しているけれど、周囲の人たちの理解がなく悩んでいる人がたくさんいます。

子猫を拾ってきた子供に「汚いからだめ!」「すぐに捨ててきなさい!」と
どなる大人達に子供達は不信感を抱かないでしょうか?
命あるものを大切にする人は、他の人に対しても気を配る事ができるでしょう。
あなたの周りにいる、動物に優しく接することのできない人はどんな人ですか?

では、もし子供が子猫を拾ってきたらどうすればいいのか?
「すぐに捨てなさい!」「だめっ!」と言わず子供の話しを聞いてあげてみて下さい。
「道路の近くであぶなかったから可愛そうで・・・」
「ずっと私を見てミャ−ミャ−鳴いてたからお腹空いてると思って・・・」
お子さんは本当に綺麗な心で、小さな命と正直に向かい合っていることでしょう。
飼ってあげられる状況ならとても幸せなのですが、今の社会では
残念ながら難しいのが現状です。でも、すぐに又捨てに行かないであげて下さい
今よりまた一つ、人間を信頼できない環境を作ってしまいます。
それが迷子であったり、飼い主がいなくて里親さんを探してあげるなら
張り紙を張ってあげたり、最近はインターネットでも色々な里親募集サイトがあります。
もし近くに、のら猫たちにご飯をあげているボランティアの方がいらっしゃったら
その方達に相談してみるのも良いかもしれません(すべてを任せるのではありません)。
里親探しの方法や動物愛護団体の紹介、去勢・避妊手術の必要性など
色々なアドバイスもしていただけると思います。


人間と暮らしている動物の事で、何か問題が起きるとすれば
その原因や責任は人間にあると認識して下さい。
ニュースでも最近よく取り上げられる、猿やイノシシ、タヌキなどの住宅街への侵入
これらの問題には、人間の都合で自然を壊しすぎたのが原因ではないですか?

まず動物と、動物を愛する人の気持ちを理解する。
そうすれば、地球上のあらゆる生物との関わりあい、環境保護の必要性が見えてくるでしょう。
お互い協力できれば、不幸な犬や猫、そして地球上の動物たちを救えます。
動物達も幸せに生きたいのですから・・・


ペットケアサポートウォームス

愛護TOPページへ戻る

 TOP プロフィール ご利用案内 ご利用手順 ペットシッター お散歩代行
予約・見積もり 営業時間・エリア Q&A
GALLREY メディア紹介 動物愛護 アニマルセラピー
公式ブログ LINKS 特定商法表示

ペットシッター登録:大阪市動物取扱業登録060002B号
Copyright 2003 PetcaresupportWarmth. All Rights Reserved.
このサイト内の画像を無断で利用することを禁ずる