人間の身勝手な考えにより苦しみ、生きる権利を奪われていく
多くの動物たちを世の中から無くし、人間と動物達が
平和に共存できる社会を実現させたい。

未来を創る子供達が、動物とふれあいながら
小さな生命の温かさや大切さ、責任感を養う機会を
教育の一つとして提供していきたいと思います。
 

バックナンバー Vol.1 「人間が考えてあげなければ…」


写真の協力
フォトジャーナリスト児玉小枝さんの撮影された写真です。
保健所の動物管理センターで殺処分される前のどうぶつたちの誇り高き最後の肖像を撮影されています。
この写真を通して、ことばを持たないどうぶつたちの声なき声が、あなたの心に届きますように…


 
「友との別れ」 Vol.2

ペットシッターをはじめてから色々な子達と出会いました。
その中より私が印象に強く残る友との別れをお話させて頂きたいと思います。

小太郎くん16歳 日本犬とドーベルマンのMixとは
2004年1月24日にお散歩代行の依頼で出会いました。

まず顔を見に行くと、お庭につながれ、とても強張った表情で私を睨み
歯を剥き出しにして吠えかかっておりました。
目も血走り、尋常ではない雰囲気です。
正直言って怖いと言うか、確実に危険だと感じるくらいです。
飼い主さんも心配そうな表情で、私を見ておりました。

落ちつく様子もなく、少し時間を置いて先にお話を聞くことにしました。
飼い主さんからは実は・・・と、噛むので黙っておりましたとお話があり、
他のペットシッターに相談した所、即断られてしまったそうで私には今日まで秘密にしていたそうです。

小太郎くんは昔、動物実験の為に飼育されていたのですが、先生(飼い主さん)が大学から可愛そうに思いおじいさんが助けて、この家にやってきたそうです。
実験前に救出されましたが、人にはトラウマがあるようで、おじさん以外の家族には懐かず
おじいさんが毎日お散歩、ご飯、ブラッシングなどをされていました。

ですが、おじいさんが亡くなられたそうで、小太郎くんのお世話をできる方がいなくなりました。
近づくと吠え、威嚇ですので、ご飯はお皿をホウキで押して与え、
便などの掃除もデッキブラシで水道で流しながら行っていました。
もちろんお散歩もできるはずもなく、引っ張るので首輪はボロボロで首に食込み
体も尿のにおいで臭く、触るのもためらうほどです。

正直依頼を受けるのをためらいました。
でも私が最後の希望だと言われ、うまくいくか分かりませんがそれならとお受けしました。
数日後訪問すると、小太郎君は同じように繋がれたまま、私を威嚇し牙をむきだして吠え続けました。
飼い主さんには自宅で待機してもらい、私は自己紹介や君を散歩させてあげたいと話し続けました。
もう30分は離したでしょうか、吠えは落ち着きましたが、私が少しでも動くと怯え、唸り、威嚇します。
それでもリードをもって話し続けました。
きっとリードの意味は分かっているはず。という希望を持って。
「どこか怖いところへ行くんじゃないよ。 大丈夫、おじいちゃんと行ってた公園に散歩に行こう?」
それだけを話して少しずつ近づき、テリトリー内へ入ります。

毛は逆立ち牙をむいていますが、不思議に距離は縮まり小太郎くんに近づけます。
大丈夫 大丈夫 とテレパシーのように小太郎君にメッセージを伝えようやくチェーンを持てました。
家の中から飼い主さんが見守る中、首輪のフックをリードに付け替えることができたのです。
『やった―!すごい賢いやん!小太郎偉いね―』と喜ぶのもつかの間
自分から外へ出ようと進んで行きます。階段などは筋力が落ちているので支えなければいけませんが
一生懸命歩き、進んで行く姿に感動して涙が出そうでした。

ずっとお散歩にもいけないつらさから、残された飼い主さんが連れて行けないので吠え、噛み。。。
どんどん悪循環で距離ができたんでしょうね。
第一歩クリアです(^^)

[編集中につきしばらくお待ち下さい]


フォトジャーナリスト 児玉小枝さんの撮影された写真をお借りしました。
保健所の動物管理センターで殺処分される前のどうぶつたちの誇り高き
最後の肖像を撮影されています。この写真を通して、ことばを持たない
どうぶつたちの声なき声が、あなたの心に届きますように…

児玉小枝さんのホームページへ


TOP プロフィール ご利用案内 ご利用手順 
ペットシッター
 お散歩代行
予約・見積もり 営業時間・エリア Q&A
GALLREY メディア紹介 動物愛護
公式ブログ LINKS 特定商法表示

ペットシッター登録:大阪市動物取扱業登録060002B号
Copyright 2003 PetcaresupportWarmth. All Rights Reserved.
このサイト内の画像を無断で利用することを禁ずる